「 月別:2006年03月 」一覧

ラウールよりもゴンザレス

「世界一の選手になりたい」って何度も繰り返して自分の気持ちを高めるんです
ラウールのインタビューの言葉 ナンバー418 1997年5月22日号

「世界一の選手になりたい」・・・なんともベタな願いだ。
ラウールは世界一になりたいと願って、本当に世界一になってしまうような男で、顔もハンサムで、優等生的なヤツだから、同じ男としては、クラスにいてほしくないタイプに見える。 続きを読む

Jリーグがある。毎年それが不思議だ。

「当事者たちの事業的な成算は、実は確としたものではなかった。またサッカー界に長く関わりよく知っていた者ほど、事業の成否には懐疑的であった」
「Jリーグのマネジメント」 広瀬一郎 著 東洋経済新報社 より

春が来てJリーグがはじまるたびに、手にとって読み返す本がある。
「なぜ、Jリーグが日本にあるのだろう?」 続きを読む

オシムとの残された時間

「作り上げること、つまり攻めることは難しい。でもね、作り上げることのほうがいい人生でしょう。そう思いませんか?」
サッカーダイジェスト No.783 2005年5月24日 イビチャ オシム「攻めの美学その真髄」
オシムの言葉(フィールドの向こうに人生が見える) 著者:木村元彦 出版社:集英社インターナショナル /集英社

オシムは遠目にもよく目立つ。 続きを読む