「 月別:2006年11月 」一覧

ライカールトとテンカーテ バルサの不思議な組み合わせ

「ライカールトがいたっていなくたって何も変更はないよ。今までどおりの準備をすればいいだけさ」2005年12月3日 ライカールト監督が気管支炎で不在になるビジャレアル戦を前にしたテンカーテ ヘッドコーチ(当時)のコメント

昨シーズン、チャンピオンズリーグと、スペインリーグの二つの栄光を手にしたバルセロナが、苦しんでいる。いや、正しくは、苦しんでいるという報道が多くなっている。 続きを読む

イングランドのコーチング哲学に思う

リスクをつねに冒していくことも大切です。それによって、指導者としての自分のスタイルの物にしていくのです。サッカークリニック 2006年12月号 イングランド協会ライセンスコーチの記事より

インターネットの仕事をしていると、地位も境界もなく人に会える。その中には、社長といわれる人々がいて、そういう人たちにも、ずいぶんあってきた。 続きを読む

マッツォーネ 誠実なサッカーにちょうどいい大きさ

20年前も自分自身は良い監督だと思っていたんだ。だが、今あの頃を振り返るとこう言いたくなる。「20年前の自分はなんて下手な采配をしていたんだ」Web CALCiO 2002 カルロ・マッツォーネ インタビューより

この小さなコラムにも、時には読者のコメントやリクエストが届く。恐らくバッジオのことを書いたからだろう、バッジオや中田が、尊敬する監督だと言われているカルロ・マッツォーネについて書いてほしいという依頼が来た。小さなコラムなので、早速そのフィードバックに答えることができる。 続きを読む

小笠原満男の「かな」転職がうらやましい

そうやって新しい世界に触れれば触れるほど、海外でやってみるのも面白いかなと思うようになりました。Number664 小笠原満男インタビュー

最近、僕が生きているインターネットの業界では本当に転職が多くなってきた。統計を見たわけではないので、確かな現象とはいえないが、少なくとも僕のまわりでは、会社を移る姿をよく見る。 続きを読む

僕らはダイアモンドが見たい 10年先の日本のサッカー

「10年、20年先を目指した時に何が必要なのか。そこを見誤ったら、世界に追いつくどころではなくなる」小野剛 日本サッカー協会技術委員長に聞く(読売新聞 06年10月31日)

少し前になるがU-21の親善試合、日本対中国を国立競技場に見に行った。
5万人以上収容できる国立に2万人強という観客で、仕事が終わってからの当日券でも、十分見やすい席が確保できた。
試合は2-0で、日本の快勝だった。 続きを読む