「 月別:2006年12月 」一覧

中村憲剛と日本サッカー フィジカルの弱さこそが世界への道

そういう意味では、小さくてよかったかな、と思いますけどNHKにんげんドキュメント「サッカーは楽しさだ」12月15日放送

また一年が終わる。
今年は、僕にとってもサッカー界にとっても、とても特別な一年だった。きっと10年後、20年後、50年後に振り返れば、この年がすべての変わり目だったと思えるだろう。 続きを読む

プスカシュ 50年前のスタジアムに降り立つ少年

彼のような左足があれば、右足はいらないさプスカシュを評した言葉 (Times Online 2006年11月17日の追悼記事より)

「今週は誰を書こうか?」
コラムのネタに困ると、僕はそうサッカー少年に語りかける。 続きを読む

チームの思いが歴史を作る日まで

「いつかJリーグでマリノスとの試合を見てみたい」インプレス インターネットマガジン 99年6月号 当時横浜FC設立時の経営陣の言葉から

天気のよい冬の日曜日、僕は東京の高級住宅街にある駒沢オリンピック公園にある陸上競技場に足を運んだ。
そこでは、JFLのゲーム、佐川急便東京とFC刈谷の最終戦が行われていた。 続きを読む