「 月別:2007年03月 」一覧

サッカーシューズをめぐる言葉

馴染ませたというのは文字通りで、市販の歯型スタッドを一つずつヤスリで削って丸くしたものを履かせて、そこから何十回と段階を経て歯型までいきました週刊サッカーダイジェスト 2007年2月6日号 森下尚紀 アディダスジャパン株式会社

きっかけは知人のサッカーショップの店員の話だった。 続きを読む

女子サッカー 負けず嫌いの彼女たちへ

子供の頃、私は負けるのがすごく嫌で、何度もゲームの途中で辞めようと思ったことがある。きっとゲームが終わる前に、辞めちゃえば負けにならなくて済むと思ったのでしょうミアハム EUROSPORT Interview 1996より

3月7日、春の暖かい国立競技場で、女子代表のサッカーを見ていた。ワールドカップの出場権を争う大事なプレーオフだ。
見た目には、もう少し入っているように見えたが観客は1万人。 続きを読む

レフェリーの話 一緒になった空気を共有したい

見ている人もやっている人も僕自身も、本当にゲームに集中していければ面白いですよね。一緒になった空気を共有できれば上川徹の言葉 NHKにんげんドキュメント(2006年5月26日)

もう3年前の話になるが、当時小学校6年生で、地域の選抜に選ばれたサッカー少年に聞いた話だ。その地域選抜の試合は、特に重要というわけではなかったが、恐らく協会の主催だったからだろう、主審として岡田正義氏が笛を吹いたという。 続きを読む