「 月別:2007年07月 」一覧

オシムで思ったアジアに足りないもの

勝つことにはさまざまなことが含まれている。ただ勝ってしまえば、そういうことは見えない。敗北は最良の教師である。「だから負けたい」とは言えないのだが….イビチャ・オシムの言葉 「また蹴球真髄」より

アジアカップが終わった。
最後の決勝戦、イラク対サウジアラビアは、実力の拮抗した試合だった。ほんの少しだけイラクの気持ちが上回った。イラクの優勝はそういう結果に見えた。 続きを読む

オシムと日本代表 リードしたとき有利なときの戦い方

勝ちはしたが「日本化」するというところまでは、まだできていない。(中略)結論を急がないでほしい。まだ時間はある。私としては、結論をできるだけ先に引き延ばそうと思っている。オシム監督 アジアカップ オーストラリア戦後のコメント 2007年7月21日

オーストラリア戦が終わった。PK戦とはいえ、ひとまず勝った。 続きを読む

オシムの怒りはどっちに転ぶか?

最後のいいところまで仕事をやっていながら、一番大事な仕上げができなかったアジアカップ カタール戦引き分けでオシム監督のコメント

オシムが試合後のインタビューで怒った。レポーターに食って掛かっているように見えた。 続きを読む

森山佳郎 広島ユース監督の言葉

中学でバスケ部に入って一日で後悔しました。なんてオレはバカなんだろう。なんでサッカー部に入らなかったのだろうと広島ユース監督 森山佳郎(よしろう)の言葉

森山の話が面白かった。
森山が誰か、というと、サンフレッチェ広島でプレイして、その後広島のユースの監督になった森山佳郎(よしろう)のことだ。 続きを読む