鈴木啓太とレッズ はじめて本物の物差しを持った日

今日は楽しめたけど疲れた。これがサッカー。いい経験になりました
鈴木啓太 ACミラン戦後のコメント

レッズ対ACミランが終わった。結果は0-1でレッズが負けた。
なんかずっしりと重いものが残った。ちょっとこう「いい感じ」と「遠くを見る感じ」がまじったような、今までにない後味だ。
世界との「差」という言葉を、僕らは折にふれて使ってきたわけだけど、それはまだ本物じゃなかった。今回手に入れたのは、やっと本物の物差しだ、とそういう感じだ。
なにしろ、ゲームを見ている時、1プレイ1プレイを見る、自分の力の入れ方が今までと違った。確かに日本代表の試合とか、力の入る試合が過去にもあったけど、国境を超えたクラブチーム同士の真剣勝負は、また全然違う感じだ。
8歳の娘(サッカーをしている)と一緒にテレビ観戦をしていて「カカはカカーっていうから、ネネもネネーっていうのかな」などと茶々を入れてくるわけだが、どうも見ているこちらが真剣すぎて、娘の相手をしているような状態ではなかった。
「カカは、カが上の名前でカが下の名前なのかな?」と続くので、やれやれと思いつつ「ネネもネが名字で下の名前がネなんだよ」とウソをついて、やり過ごしたが、ああこの子は「カカ」も「ミラン」も確実に覚えたのだな、とそう思った。きっとイタリアの都市で知っているところと聞かれたら、まっさきにミランと答えることになるのだろう。
8歳の女の子だけでなく、今回の試合、僕らの方にはとても大きな記憶がたくさん残った。
普段、鈴木啓太は、負けた試合の場合、「結果がすべてだから」と多くを語りたがらなかった。でも、今回は負けた試合なのに、ちょっと違った。

ビデオを見た時には何となくあったけど。あ、そうきたかという感じ。1人1人のキープ力も高い。そこはすごいなと思った。今日は楽しめたけど疲れた。これがサッカー。いい経験になりました
鈴木啓太 ACミラン戦後のコメント

多分、鈴木啓太の中には、ジンジンとするものがずっと残り続けていくのだろう。
「これがサッカー」という啓太の何気ない一言も、「本物に近づけた」という実感のようなものがまじっている。
鈴木啓太は確実に、自分の中に世界との距離を測る、目盛りの入った「物差し」を手に入れた。今年もっとも成長したこの選手の、来年がまた楽しみになってきた。
ちょっと思ったのは「これが始まりだといいな」ということだ。
何のはじまりだろう?
それは、浦和レッズやJのチームがやがて国境を越えていくことだ。
それが言いすぎだとしても、世界のクラブチームとの物差しがもっともっと増えていけば、日本のサッカーのレベルも上がっていき、やがてヨーロッパの強豪を倒す日も来るだろう。
もちろん、それは簡単なことでないし、当面はこの一年ごとのクラブワールドカップしかその舞台はない。その前にアジアを超えないといけないわけだし、もしそれを超えたとしても一つのJのクラブが、たった1試合できるだけだ。
それでも、昨日の試合を見て、ヨーロッパや南米の強豪チームとの真剣勝負は、もっと続けていきたい、という気持ちが残った。
世界との距離を縮めるには、真剣勝負を繰り返すしかない。
ACミランはともかく、サッカーのレベルなら、少なくともヨーロッパの中堅ぐらいの力は、日本のクラブチームも、持っているんじゃないか?
そんなことも考えるが、何しろそれを図る「物差し」はまだ一つしか手に入れてない。

今日の試合は特別な意味を持つ試合だった。われわれはかなりミランを苦しめることはできた。それはまさに今日の試合の説明になると思う。ただ今日の試合の結果だけで、日本のサッカーがイタリアのそれに近づいているのか、あるいは日本代表はイタリア代表に近い力を備えているのか――そういったことは言えない。
ACミラン戦後のオジェック監督のコメント

今回、この勝負はそれほどヨーロッパのメディアには伝わらなかっただろう。伝わっても、さざ波のように忘れられてしまう程度だ。でも、これを積み重ねていけば、やがて、浦和レッズや他のJのクラブの名前が、国境を超える日が来るかもしれない。
それは短期的にはこの大会で、ヨーロッパのチームを破る、ということでやってくる。そのとき、舞台は日本ではなくて、ヨーロッパに舞台を移して、ということになっているかもしれない。
いつか真剣勝負でヨーロッパの強豪を破りたい。
この試合に負けて悔しいが、いきなり一発目で勝ってしまうより、こういった戦いを続けて、本当の意味での勝利をつかむ日を待ちたい。
サッカーをよく知るあちらの人々が、Jのクラブは強い、という実感を持つような、そんな日が来ないだろうか?
そして、ドイツやイタリアの学校で、先生に日本の知っている都市の名前を聞かれた子供たちが、「東京」ではなく、「浦和」や「川崎」と答える日が来たらいいのに、とそんなことを思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サッカー スパイクの注目情報

    【人気急上昇の話題ならおまかせ!】にようこそ今回も人気急上昇中の話題についての関連情報をご紹介です。まずは気になる新着情報から! ⇒ ★新着トピックス一覧…

  2. pligg.com より:

    鈴木啓太とレッズ はじめて本物の物差しを持った日|サッカーの言葉

    「本物のものさし」はなかなかもてない。

  3. 浦和レッズ acミラン

    WindowsMessengerで友達を作りたい!WindowsMessengerで友達を作りたい!WindowsMessenger初心者です。Windo…

  4. NEWS世界一 より:

    浦和レッズ クラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップJAPAN2007★オフィシャルグッズ★ボールペン【P1214P10】商品価格:600円レビュー平均:3.0FIFAクラブワー…

  5. サッカー

    中田氏「サッカーの魅力改めて実感」、fifa活動協力へ読売新聞サッカーの元日本代表mf、中田英寿氏(30)が14日、都内で行われた国際サッカー連盟(fif…

  6. 浦和レッズ×ACミランの今日のニュース!

    一日のニュースまとめました!
    浦和レッズを通して%

  7. takagana22 より:

    浦和レッズ×ACミラン

    ACミラン×浦和レッズとお弁当「脳内メーカー」でおなじみ. うそこメーカーの「お弁当メーカー」やってみた! yoshibo弁当. どーん!!!yoshib…

  8. レッズ

    ワシントン惜別2発 「浦和レッズを一生忘れない」スポーツニッポン大阪浦和レッズを一生忘れない」。最後は涙で声がかすれていた。 誰より浦和を愛した男の、圧倒…

  9. ヨーロッパ サッカーに関する情報です。

    更新情報(What's New 07年11-12月)12/1 南アフリカW杯ヨーロッパ予選、組合せ決まる! グループ8・グループ9 12/…

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>