松井大輔も中堅になった サッカーの言葉メモ

当時はチームが負けても自分がいいプレーをしていれば満足でしたね。オレ、やったなって。それが年を重ねていくと、チームが勝つことによる満足の方が大きくなってくる
footbalista 松井大輔インタビュー 2008年11月12日

自分のサッカーの技を追求して、それを楽しむ松井のような男でも、年を取っていくと、チームの勝利を第一に思うようになるんだ、とそのことに驚いた。
今まで、「自分が点を取ってもチームが勝たないと」と言っている選手の気持ちを、ちょっと疑ったりもしたけど、結構本心なんだな、と思った。
でも、松井には、やっぱり目いっぱい仕掛けてほしいし、「サッカー楽しいぞオーラ」を出し続けてほしい。
footballistaでインタビューをした小川由紀子さんという人のコメントが光っていた。
「サッカー界に限らず、どの世界でも、真の大物は周りに”シンプルな人”という印象を与えるものだ」
うーん、深いです。確かに松井はそんな印象というかオーラを持っている。


サンテティエンヌ カーンに敗れる(AFPBB News 2008年9月15日)
【サッカーの言葉 過去の記事はこちら】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>