駒野友一 日本代表勝利のカギを握るサイドバック

「厳しい状況の中でも、しっかりとサッカーができていた。傑出した選手はいないけれど、チームがひとつにまとまってやれば、いいサッカーができることがわかりました。」
駒野友一選手 広島で得たものはという質問に答えて 2008年1月15日

今回はサイドバックについて、それも駒野だけについて書いてみる。
僕自身は、サッカーをプレイした経験がないし、ましてサッカーフィールドのサイドラインに立ったこともない。間違いもあるだろうから、その点は指摘してほしい。
駒野の特徴は、ボールを持った時の選択肢が豊富なところだ(と思う)。サイドバックと言えば、サイドの守備とサイドを駆け上がってのセンタリングだが、駒野はもっと早い段階で、鋭いパスを出すこともできる。バリエーションが豊富なのだ。
たとえば、デンマーク戦の最初の日本のシュート、松井のおしゃれな飛び込みは、記憶に刻まれているだろう。もし、あのゴールが決まっていたら、日本中の子どもたちが、あのプレイをマネしていたことだろう。それ以上に、早い段階で、日本の脅威をデンマークに植え付けた点で、極めて効果的だったはずだ。
その松井にパスを出したのは大久保だが、その大久保にパスを出したのは、最終ラインのポジションにいた駒野だ。後方から、一発で逆サイドの遠い場所でフリーになっていた大久保にパスが通る。そこからあのシュートシーンが展開された。
駒野のそのパスは、正確で適度に速い。日本のディフェンス陣から出た、もっとも美しいパスだったと思う。
次は前半13分、長谷部のシュートシーンだ。自分のテレビが突如、3Dになったかと思うほど、顔をそむけたあのシュート。
その長谷部にパスを出したのは松井だが、その時点で、長谷部と並走する駒野にもパスを出すことができた。駒野は長谷部にパスが出た後も、長谷部と並ぶように前に進む。デンマークの守備陣は、長谷部と駒野の両方を気にしたため、心持ち横に開くことになる。プレスがほんの少し弱まり、長谷部はミドルを振りぬく。
駒野はこの場面のほかにも、パスが出ない上下動を繰り返している。サイドバックは、サイドを上がるが、パスを受けられずに仕事を終えることも多い。自分にパスが来たり、味方がシュートで終わればよいのだが、ボールを取られでもしたら、センターバックから大声で「早く戻れー」と叱咤される。
上がる、下がるといっても、守備すべきスペースを空けることになるので、その時々の判断が難しい。思い切りの良さと、慎重さの両方を使い分けなければいけない。チーム状態が自分の精神面に及ぼす影響が大きいポジションだ。
上がっては下がり、けれども自分にボールは出ない。それは相当に疲れるはずだが、駒野はこの上下動を繰り返す。駒野が上下動を繰り返すことで、味方のプレイの選択肢が増え、その分、敵の自由度が反比例して削がれていく。
そして、「ホンダ」のフリーキックの場面だ。このフリーキックで「ホンダ」は自動車会社より有名になった。そのフリーキックのファウルは駒野のスローインから生まれている。サイドバックのお仕事の一つにスローインがある。スローインは、大した仕事に見えないが、セットプレーの一つだと言うこともできる。ボールが出て、ちょっとゲームが休みになるので、敵が切り替えに失敗すると、プレイが乱れ、あっという間に失点につながる場合もある。
デンマーク戦で駒野は、迷いなくスローインを投げ込む。長谷部に届いたボールに対して、デンマークのディフェンスは、ちょっとあわてて当たりに行く。審判が変な人だったので、ここで笛が吹かれて、世界中が絶賛する「ホンダ」のフリーキックのためにボールがセットされる。
駒野は意図したわけではないので、このスローインを褒められても困るだろうが、駒野が素早くスローインをしなければ、日本の名場面はなかったかもしれない。
そして前半の終了間際に、駒野自身が独走して中央に切れ込み、シュートまで行くシーンがある。なぜかハイライトシーンでは省かれがちだが、ドリブルとコース取りと決断力でも、駒野が優れた動きを見せている。デンマークはサイドの守備を怠ると危険なことを思い知っただろう。
サイドのスペースの守備は、言うまでもなくサイドバックの大切なお仕事の一つだが、駒野は中盤やセンターバックと連携しながら、効果的な仕事をしている。
もちろん、反対側の長友も、対人の守備と、鉄人のスタミナで相手に脅威を与えている。駒野は対人守備というよりバランスを取りながら、相手のサイド攻撃をじわじわと削いでいく。
デンマークは前半で、戦術的にサイドの攻撃が計算できない状態になり、サイドの守備を怠ると危険なことを思い知る。その時点で、後半は中央からボールを放り込むしか選択肢がなくなっている。ロングボールは、日本にとって嫌な攻撃の形だが、攻撃のバリエーションが減り、予見可能な範囲に収まれば、準備をして防ぐことができる。
こうして見ると、日本は、前半でデンマークの選択肢を狭めることに成功している。デンマークが弱く見えたのは、サイド攻撃の選択肢をじわじわと失ってしまった点も大きい。
駒野がいることで、岡田監督の采配の自由度が広がり、逆にデンマーク側の監督の自由度は反比例して狭くなっていった。堀池さんが「巧み」スタンプを押すわかりやすさはないのだが、確実に駒野が効いている。
駒野が世界レベルのサイドバックかどうかはわからない。残念ながら、単独でサイドを突破する迫力はない。しかし、駒野は、左右のポジションを遜色なくこなせて、左右どちらの足からも、正確なセンタリング(時々乱れる)が上げられる。90分間乱れることなく忠実な上がり下がりができて、しかもビルドアップの選択肢が、ディフェンスラインからでも、中盤からでも、前線にオーバーラップしても、かなり幅広く正確にこなせる。
デンマーク戦を3-1で終え、僕にとって人生で一番幸せな朝を迎えた。その後はどの番組を見ても、どの記事を読んでも幸せを感じたが、そこに駒野の名前がないことに気がついた。
駒野の貢献度は低いのだろうか? 不思議に思って録画を見直すと、多くの場面に駒野が貢献しているような気がして仕方がない。特に前半の攻防が、このゲームの勝敗を分けたが、その下地を駒野が作っている。
以前、広島ユース監督の森山佳郎(ゴリさん)の話を聞いたときに、「駒野は試合を終えると、廃人のように消耗している」と言っていた。今回も、切り替えの多様さで、相当に消耗したはずだ。
もちろん、今回の日本代表の躍進は全員でつかみ取ったものだ。サイドバックと言えば、長友の貢献度ももちろん大きい。
今回の日本代表は、左右のサイドバック個々というより、その二人を足し合わせた「両サイドの足し算」で世界レベルにある。しかも、左右をいつでも入れ替えられる、というミラクルな采配ができて(オランダ戦で実際に左右を効果的に変えた)、両サイドは、足し算以上の威力が出ている。
思えば、日本のサッカーの歴史は、サイドバックに苦労してきた歴史だ。逆にいえば、日本サッカーの成長は、サイドバックの進化と比例しているのかもしれない。
長友は海外からも注目され、メディアの報道も増えている。それはそれで素晴らしことだが、それに比べて「駒野」という文字が極端に少ないのは、不公平じゃないか、と僕はひとりでぶつぶつ繰り返している。ここに一人ぐらい「日本代表の勝利は駒野が握っている」と書くブログがあってもいいだろう。
僕の思い入れもあるだろうが、駒野も、また今回のワールドカップでじわじわと成長をしている。サイドプレイヤーと言うのは、俗に言う「使われる選手」だ。チームの一体感は、大きく影響する。広島で大きく成長したように、チームが一丸となっている戦いの中で、何よりもプレイヤーとしてのプライド、自信がついているような気がする。
駒野友一が日本代表の勝利のカギを握っている。駒野というサイドプレイヤーが進化したとき、日本代表はさらにもう一歩、勝利に近づく。


【関連記事】
ブッフォン チームを見守るゴールキーパーの声

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. てい より:

    通りすがりですが、思わず熟読してしまいました。
    素晴らしい着眼点!!
    駒野の働きをここまで細かく分析しているのを目にしたのは初めてです。
    正直自分も彼の働きぶりは気付いていませんでした。
    先日、某新聞のコラムに彼の生い立ちが書かれていましたが、それを知って読んだだけに、影ながら活躍していた彼の献身ぶりに涙が出そうになりました。
    素晴らしいコラム、ありがとうございました!

  2. とむ より:

    駒野の欠点はクロスの精度の低さでしょう><
    ここで通ればチャンス!て時に限ってミス…
    プレッシャーに弱いのかな?w

  3. uski より:

    通りすがります。
    Jリーグはほとんど見ないのでJリーグでの彼は知りませんが
    時々乱れるクロスは“正確”とは言いづらいかな・・・
    しかも少なくとも代表での彼は時々どころじゃなく、味方のいる位置に飛ぶのは50%もないような…
    ディフェンスの面では、わかりやすく単純な話をすると長友のサイドと駒野のサイド、どちらのサイドから多く危険な状況が作られているか数えてみるといいですよ。
    結果論ですが今大会唯一の失点場面(ダイブのPKは別として)スナイデルのシーンも、クロスを上げさせたのは彼でしたね。

  4. ヒラヲカ より:

    デンマーク戦での話を中心に駒野選手の正確さや貢献度、
    良い点等について書かれているだけなのに、
    ↑の一部の方々は、読んでてなぜか萎えますな。
    駒野選手はとてもバランスの取れたスタミナのある
    国内を代表する選手だと思います。
    そのスタミナだって、
    ちょっと前までは今の長友選手同様に
    90分走り抜けるくらい素晴らしい程あるって、
    よくメディアを通じて言われてたもんです。
    その前の加地選手だって、です。
    「目立たないけど、実は効いてる、頑張ってる」
    のが、基本的に守備陣なんだと個人的に思います。
    メディアは「旬」な人をターゲットにしがちですから、
    そういう意味では駒野選手、他、多数の選手は
    どれだけ縁の下の力持ちで、献身的、効果的に働いても
    何か注目に値する分かり易い結果を起こさない限り
    なかなか表立った記事にしにくいでしょうし、
    なりにくいんでしょうね、確かに。
    ただ、こうやって筆者さんが書く事で、
    実際私なんか某サイトのトップページから飛んで来た訳で、
    そういう意味では良かったんだと思えますよね。
    これからも、多彩な着眼点での自論を期待しています。
    あと、一緒にフィールドに出てた選手や
    現場の人は、駒野選手の働きぶりは
    きっと120%分かってくれてると思うので
    これからも応援しましょう!

  5. 3D より:

    敗北の鍵を握っていましたね。残念です。

  6. オオウチコム より:

    パラグアイ戦、PKはとても残念でした。
    僕にできることは、駒野がJリーグでプレイするところをスタジアムに見に行くことです。
    このワールドカップでの、駒野のサイドバックとしてのプレイは、しっかりと目に焼きつきました。素晴らしい選手だと思います。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>