日本快勝!

日本快勝2005年3月30日 テレビ朝日 報道ステーション
日本対バーレン戦 直後のテレビ画面 左上に表示された筆文字

いや、ぜんぜん、快勝なんて、試合ではなかったが・・・でも
・・・・・ますますサッカーが好きになった日。
今日は笑った。
ゲーム終了のホイッスルが鳴った瞬間から、体の奥の底の方からあふれ出すような笑いが、止まらなくなった。
アウェーのイラン敗戦の後の数日後に迎えたバーレーン戦 ホームで埼玉スタジアムでの日本代表チームの勝利
嬉しかった。
嬉しかったのだが、中田がコメントしたように 「目標とした勝ち点3がしっかり取れたから」 だけではない。
サッカーの神様が作り出す、わけのわからないストーリー展開に、、、なんというか、圧倒されてしまったのだ。もうまったく無邪気に、これはすげーや、と思ってしまった。
だって、オウンゴールです。
厳しいゲームを決めたのは、攻めに攻めた日本代表選手のゴールではなく、バーレーンのディフェンダーの選手のオウンゴールの1点なのです。
誰もね、こんなシナリオというか、物語は作れないですね。
僕は、今日の試合のせいで、また少しサッカーが好きになったな。
それにしても、メディアの皆様、ライターの皆様、このゲームについて何とコメントしますか?
いったいどんなふうに筆を運べばいいのか、まったくわからない感じではないかと想像します。
テレ朝だって、テロップに何と書いていいかわからないでしょうね。
「辛勝」という言葉が正しそうに見えるけど、でも、試合後身体に残っている快感は、そんな感じではないです。もっと、こう勝った爽快感が残っています。
「日本快勝」・・・・正しいのかも。確かにオウンゴールで勝ったのにも関わらず、後味のよい、不思議な爽快感があります。
メディアの皆様たちも、素直に書いた方がいいですよ。
サッカーの神様には本当にまいった・・・と。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>