「 海外のサッカー選手 」カテゴリー

ディルク・カイト 今シーズンもっとも幸せな選手

「父は僕が5歳のころからサッカーをずっと見てくれていた。今シーズンも父が見守ってくれることが、僕にはとてもうれしい」ディルク・カイト デイリーメール紙のインタビュー 2007年5月19日

ヨーロッパの今シーズンを振り返って、一番印象に残る選手は誰ですか? 続きを読む

アンリとベンゲルが辿り着く場所

ベンゲルだけが僕の成功を信じていた。だから僕の成功は全てベンゲルの功績だよアンリ ベスト100ゴール(DVD)のコメントより

ヨーロッパのサッカーシーズンが終わろうとしている。少し気が早いのだろうが、移籍の話題が活発にメディアを賑わす季節がやってくる。 続きを読む

マルディーニ 日本でまた彼を見られるか

18歳で左サイドに抜擢されてから、マルディーニは来る日も来る日も、左足の技術と左サイドバックとしての身のこなしを身につけ、磨きをかけるために、早出、居残りの個人練習を欠かさなかったというエルゴラッソ 2005年10月7日号「CALCIOおもてうら」より

生のマルディーニを見たのは、2003年のトヨタカップのときだ。その時のACミランは、ボカに負けてしまうわけで、それほどよい試合ではなかったように記憶している。 続きを読む

ブッフォン チームを見守るゴールキーパーの声

ミスをしないために必要なのは集中力。ゴールキーパーは90分間の大半をゲームの流れから切り離され、いわば「観客」として展開を見守ることに費やします。エルメス・フルゴーニ ブッフォンを育てたゴールキーパーコーチの言葉 ワールドサッカーダイジェスト 2007年5月3日号

「ゴールキーパーを子どもに持った親の気持ちってどんなですか?」
それは僕が彼に一度聞いてみたかった質問だ。 続きを読む

ジャンフランコ・ゾラ ケーキの上のさくらんぼ

「あれはなんていうか、ケーキの上のさくらんぼのようなものだ」ジャンフランコ・ゾラ チェルシー・オフィシャルDVDのロングインタビューより

「のだめカンタービレ」がクラシックブームを生んで話題になっているけれど、今から27年以上前にクラシックを描いた名作が少女マンガにあった。 続きを読む

フェルナンド・トーレスと阿部勇樹のマッチアップ

僕がただ居心地がいいからチームに残るんだ、と言われると胸が痛む。僕にとってはチェルシーに行くほうがずっと楽なのに。フェルナンド・トーレスがスペインのラジオで語った言葉 2007年2月1日

ジェフの阿部勇樹が浦和レッズに移籍する、という話が僕らの胸を複雑にした。 続きを読む

プスカシュ 50年前のスタジアムに降り立つ少年

彼のような左足があれば、右足はいらないさプスカシュを評した言葉 (Times Online 2006年11月17日の追悼記事より)

「今週は誰を書こうか?」
コラムのネタに困ると、僕はそうサッカー少年に語りかける。 続きを読む

ロベルト・バッジオが嫌われた理由

リッピは私を亡き者にしたかった。しかしそれは不可能だった。ロベルト・バッジオ自伝「天の扉」から

ロベルト・バッジオは、多分、ここ数年のサッカー界で、もっともファンに愛された選手の一人だろう。彼のサッカー人生は、華麗なプレイとともに、世界中の人々の記憶に残っている。 続きを読む

カンナバーロとマラドーナの常識 防御は最大の攻撃なり 

「90年ワールドカップ準決勝イタリア対アルゼンチンのボールボーイだったものにとって、決勝で100試合出場を祝えるなんて夢の頂点だ」
ファビオ・カンナバーロの決勝での言葉(AP通信)

続きを読む

走りまわるネドベドを支えるもの

「我々チェコ代表は、一瞬にして、偶然に生まれたチームではなく、長い年月の積み重ねによって生まれた必然的な集団だ」パベル・ネドベド Number Plus Augut2004 欧州選手権総集編より

ドイツワールドカップも1次リーグを終えベスト8が今朝決まった。
大きな番狂わせも少なく、ほぼ順当に進んでいるという中で、チェコの一次リーグ敗退は残念なできごとの一つだった。もうちょっと見たかったなあ、と思うが、イタリア、ガーナ、アメリカ、チェコという結果的に一番苦しいグループの中で、主軸の選手の怪我が相次ぎ、致し方ない結果だったかもしれない。 続きを読む

1 2 3