「 日本のサッカー選手 」カテゴリー

久保竜彦 パートナーのそばを離れるな

タツ(久保)の動きや位置をしっかりと目で把握していなくても、自分がボールを持ったらこう動いてくれるだろうと、大体の感覚で蹴っている時もあった「奥大介が語るクボタツのツボ」 週刊サッカーダイジェスト 2006年2月21日号

それはまるで詰め将棋のような展開だった。
「もれなく久保もついてきたりして・・・・まあ、さすがにそれは無いか」 続きを読む

中村憲剛と日本サッカー フィジカルの弱さこそが世界への道

そういう意味では、小さくてよかったかな、と思いますけどNHKにんげんドキュメント「サッカーは楽しさだ」12月15日放送

また一年が終わる。
今年は、僕にとってもサッカー界にとっても、とても特別な一年だった。きっと10年後、20年後、50年後に振り返れば、この年がすべての変わり目だったと思えるだろう。 続きを読む

小笠原満男の「かな」転職がうらやましい

そうやって新しい世界に触れれば触れるほど、海外でやってみるのも面白いかなと思うようになりました。Number664 小笠原満男インタビュー

最近、僕が生きているインターネットの業界では本当に転職が多くなってきた。統計を見たわけではないので、確かな現象とはいえないが、少なくとも僕のまわりでは、会社を移る姿をよく見る。 続きを読む

阿部勇樹が本当に戦う日

アテネ五輪で自分たちのサッカーができなかった悔しさは今も強く残っている。Number618 2005年1月13日「山本ジャパンとは何だったのか」から阿部の発言

アテネオリンピックに、谷間の世代と言われる日本代表が出場したことを覚えているだろうか? 続きを読む

播戸竜二が噛み締めている言葉

自分で限界を決めないで欲しい。俺も25歳まで海のものとも山のものともいえない存在だった。でもそこから飛躍してここまできた。お前にもそれができるパトリック・エムボマが播戸にかけた言葉 播戸公式サイト 2005年5月16日の記事より

なぜオシムは、播戸を呼ばないのか。それが、最近の家族会議で持ち上がるテーマの一つである。 続きを読む

小野伸二を待つ人々

「おいじちゃんになってもボールが蹴れるならやっていたいなぁ」
小野伸二インタビュー 月間バーサス 2004年12月号より

もう5年以上も前の話だが、小野伸二が少年サッカーの一日コーチをする場所に居合わせたことがある。スポンサーだったコンピューターメーカーの催しだった。 続きを読む

中澤祐二 僕ディフェンダーになりたいんだ

とにかくできる限り走りたい。ただひたすらに。またサッカーが、楽しくできるように週刊サッカーダイジェスト 2006年8月1日 No.854 中澤祐二「”一時停止”を解く答えを探して」より

1年ぐらい前の話だったと思う。少年サッカーのコーチと話したときのことだ。 続きを読む

サッカー 中田英寿が取り組む仕事

「今後プロの選手としてピッチに立つことはないけれど、サッカーをやめることは絶対にないだろう」nakata.net 引退のメッセージ

あるパソコン雑誌で、Googleという検索エンジンの仕組みを紹介する連載を持った。そのとき、僕はGoogleの創業者や技術者たちの論文、特許の申請書類、周辺の記事を読み漁った。そういった書類と格闘しながら、検索エンジンの中味を、文章で組み立てる日々を過ごした。そんななかで、おぼろげながらGoogleの凄さがわかったような気がした。 続きを読む

川口能活と中田英寿 この二人を結ぶキーワード

「ヒデだけが、試合中に頭を切り換える速さが僕と同じなんです。やっぱり世界を戦ってきたからかなあ」「28年目のハーフタイム」 金子達仁著 1997年

ワールドカップ、日本の初戦オーストラリア戦。日本国民の多くが注目する世界大会の最後の6分間での3失点。川口能活の体の後ろで、ボールがゴールネットを3回揺らす。 続きを読む

巻 誠一郎はずっと変わらない

「ある人は僕らのひとつひとつのプレーが一生の忘れられない思い出になる人もいるだろうし、ある人は僕らのプレーで勇気や元気をもらって帰っていく人もいるんだよね…」
巻誠一郎のブログより(http://ameblo.jp/seiichiro-maki18/)

神様が「巻」の名前を最後に呼んだ。 続きを読む

1 2 3