「 サッカー監督 」カテゴリー

ユーロ2008 ジャック・レモン対チャールトン・ヘストン

私が何者であるかということを忘れないために、試合を見に行きました。サッカーが原因で病院に行かなくてはいけなくなりましたが、そこから戻るのもサッカーの力でした
オシム復帰後の会見 2008年6月4日

自分が大学生になったとき、高校野球を見て、自らの年齢を実感した記憶がある。
「こいつらオレより年下かよ」 続きを読む

チェルシーの好調の要因はグラント監督?

「ジョゼ・モウリーニョ(前監督)が去ったとき、みんなは僕らがもうダメだと言っていた。でも、最も厳しい時期は通り過ぎたように思う。」
シーズン終盤ドログバの発言 2008年04月19日 Goal.comより

ずっと気になることがあった。眠れないほどの悩みというわけではないが、何度も首をかしげていた。
そう、モウリーニョのいないチェルシーが、ずっと上の順位にいることだった。 続きを読む

ベンゲルとオシム 二人の練習は似ているか?

「(ベンゲルとオシム)2人の練習のやり方はまったく違っていたけれど、同じ方向を見ていた」
二人の監督を経験した望月重良の言葉 2007年3月 THE STUDIUM

「オシムとベンゲルの練習が似ているのではないか」という質問がインターネットのQ&Aサイトにあった。プレッシャーをかけながら練習をして組織を作っていく、そんな点が似ていると思うのだがどうでしょうか? 続きを読む

ハリー・レドナップの部下になら、なってもいいかな?

これは信頼のゲームだ。選手を汚い言葉でののしるより、君はこれができるんだ、と言う方が、人から沢山のものが引き出せる
ハリー・レドナップ Sports Magazineのインタビュー 2007年11月29日

今シーズンはハリーレドナップに注目している。ハリー・レドナップは、プレミアリーグのポーツマスの監督で、今のところ比較的上位の順位を保っている。 続きを読む

サムアラダイス チームのインフラが何よりも大事

チームのインフラを整えることはいつも一番大切なことだ。どのチームに行ってもそのことを痛感するサムアラダイス 2007年5月12日 英国 The Mail 「I quit Bolton because I need to be at a club where I can win trophies」 より

評判のよい小さなレストランを経営していたオーナーが、まったく反対の金持ち相手の高級レストランのプロデュースというのをはじめた。 続きを読む

森山佳郎 広島ユース監督の言葉

中学でバスケ部に入って一日で後悔しました。なんてオレはバカなんだろう。なんでサッカー部に入らなかったのだろうと広島ユース監督 森山佳郎(よしろう)の言葉

森山の話が面白かった。
森山が誰か、というと、サンフレッチェ広島でプレイして、その後広島のユースの監督になった森山佳郎(よしろう)のことだ。 続きを読む

ベニテスとモウリーニョ 縦か横か?

勉強のためにイタリア、イングランド、ブラジルを回った。ファビオカッペロのようなコーチにもたくさん質問をした。わからなければ、答えを捜し求めるんだ英国リーグ監督協会 ベニテスへのインタビュー2005年10月5日

UEFAチャンピオンズリーグの準決勝、ベニテスとモウリーニョの戦いは、ベニテスが勝利した。勝利といっても、これがまた実にベニテスらしい勝ち方だ。2試合の合計は1-1の引き分け。そしてPKで決着がついた。 続きを読む

ジョゼ・モウリーニョが着ているコート

だから、サッカーのいい点も悪い点も、よくわかっているつもりだ。いつか、僕にもよくない日は来るよ。TIMES ONLINE(www.timesonline.co.uk) 2004年11月14日 ジョゼ・モウリーニョ インタビューより

「このモウリーニョの着ているコートがほしいな」
テレビに向かって僕がそんなことをつぶやく。 続きを読む

ライカールトとテンカーテ バルサの不思議な組み合わせ

「ライカールトがいたっていなくたって何も変更はないよ。今までどおりの準備をすればいいだけさ」2005年12月3日 ライカールト監督が気管支炎で不在になるビジャレアル戦を前にしたテンカーテ ヘッドコーチ(当時)のコメント

昨シーズン、チャンピオンズリーグと、スペインリーグの二つの栄光を手にしたバルセロナが、苦しんでいる。いや、正しくは、苦しんでいるという報道が多くなっている。 続きを読む

マッツォーネ 誠実なサッカーにちょうどいい大きさ

20年前も自分自身は良い監督だと思っていたんだ。だが、今あの頃を振り返るとこう言いたくなる。「20年前の自分はなんて下手な采配をしていたんだ」Web CALCiO 2002 カルロ・マッツォーネ インタビューより

この小さなコラムにも、時には読者のコメントやリクエストが届く。恐らくバッジオのことを書いたからだろう、バッジオや中田が、尊敬する監督だと言われているカルロ・マッツォーネについて書いてほしいという依頼が来た。小さなコラムなので、早速そのフィードバックに答えることができる。 続きを読む

1 2 3 4 5