「 日本のサッカー 」カテゴリー

オシムで思ったアジアに足りないもの

勝つことにはさまざまなことが含まれている。ただ勝ってしまえば、そういうことは見えない。敗北は最良の教師である。「だから負けたい」とは言えないのだが….イビチャ・オシムの言葉 「また蹴球真髄」より

アジアカップが終わった。
最後の決勝戦、イラク対サウジアラビアは、実力の拮抗した試合だった。ほんの少しだけイラクの気持ちが上回った。イラクの優勝はそういう結果に見えた。 続きを読む

オシムと日本代表 リードしたとき有利なときの戦い方

勝ちはしたが「日本化」するというところまでは、まだできていない。(中略)結論を急がないでほしい。まだ時間はある。私としては、結論をできるだけ先に引き延ばそうと思っている。オシム監督 アジアカップ オーストラリア戦後のコメント 2007年7月21日

オーストラリア戦が終わった。PK戦とはいえ、ひとまず勝った。 続きを読む

オシムの怒りはどっちに転ぶか?

最後のいいところまで仕事をやっていながら、一番大事な仕上げができなかったアジアカップ カタール戦引き分けでオシム監督のコメント

オシムが試合後のインタビューで怒った。レポーターに食って掛かっているように見えた。 続きを読む

ジダンの頭突きとアジアを闘う僕らの距離

(フランスの連中は)コスモポリタンを気取りつつ、4年に一度、振り子は大きくナショナリストに振れる。(中略)それにしても僕たち日本人はどんな振り子を持っているのだろうか?
武智幸徳「サッカーという至福」日本経済新聞社

フランス代表がドイツワールドカップで決勝進出を決めた夜、パリはちょっとした騒ぎだったと言う。サッカーにまったく興味のない僕の親友が、たまたまその夜タクシーでシャンゼリゼを通っていた。 続きを読む

サッカーシューズをめぐる言葉

馴染ませたというのは文字通りで、市販の歯型スタッドを一つずつヤスリで削って丸くしたものを履かせて、そこから何十回と段階を経て歯型までいきました週刊サッカーダイジェスト 2007年2月6日号 森下尚紀 アディダスジャパン株式会社

きっかけは知人のサッカーショップの店員の話だった。 続きを読む

女子サッカー 負けず嫌いの彼女たちへ

子供の頃、私は負けるのがすごく嫌で、何度もゲームの途中で辞めようと思ったことがある。きっとゲームが終わる前に、辞めちゃえば負けにならなくて済むと思ったのでしょうミアハム EUROSPORT Interview 1996より

3月7日、春の暖かい国立競技場で、女子代表のサッカーを見ていた。ワールドカップの出場権を争う大事なプレーオフだ。
見た目には、もう少し入っているように見えたが観客は1万人。 続きを読む

レフェリーの話 一緒になった空気を共有したい

見ている人もやっている人も僕自身も、本当にゲームに集中していければ面白いですよね。一緒になった空気を共有できれば上川徹の言葉 NHKにんげんドキュメント(2006年5月26日)

もう3年前の話になるが、当時小学校6年生で、地域の選抜に選ばれたサッカー少年に聞いた話だ。その地域選抜の試合は、特に重要というわけではなかったが、恐らく協会の主催だったからだろう、主審として岡田正義氏が笛を吹いたという。 続きを読む

JFAテクニカルレポートが抱える広大な行間

「全員がハードワークする」というこの傾向は、日本人が特性として最も力を発揮できる部分であると考えられている2006FIFAワールドカップ ドイツ JFAテクニカルレポートより

年末年始の休暇の間にJFAのテクニカルレポートを楽しんだ。JFAのテクニカルレポートは、ドイツワールドカップの分析をまとめたレポートだ。 続きを読む

高校サッカー盛岡商の優勝 勝利の笛を静かに吹こう

「プロセスが大事なんだから。適当なことをやっているやつにこういう思いはできないんだから。そうだろう?」八千代高校 砂金伸監督 高校サッカー敗退後のロッカールームで

高校サッカーが盛岡商の優勝で終わった。
今年の高校サッカーは、野洲、国見や滝川第二など強豪校が軒並み序盤で敗退し、盛岡商と作陽という予想しなかった比較的地味な組み合わせで決勝戦が行われた。 続きを読む

チームの思いが歴史を作る日まで

「いつかJリーグでマリノスとの試合を見てみたい」インプレス インターネットマガジン 99年6月号 当時横浜FC設立時の経営陣の言葉から

天気のよい冬の日曜日、僕は東京の高級住宅街にある駒沢オリンピック公園にある陸上競技場に足を運んだ。
そこでは、JFLのゲーム、佐川急便東京とFC刈谷の最終戦が行われていた。 続きを読む

1 2 3 4 5 6