イニエスタとセスク いったいどっちがうまいのか?

僕はいつでもバルサファンだ。チームを変えても感情は変わらない。でもアーセナルは僕にチャンスをくれた。それは、駅で乗らなきゃいけない電車が来たみたいなものだ
2005年10月2日THE INDEPENDENTのセスクの発言

イニエスタとセスク、この二人のことを書こうと思って、ずっと考えていた。
インターネットにも、「セスク対イニエスタ」の対決スレッドが立っていたり、ヤフー知恵袋で「いったい二人のどっちがうまいのか?」と質問していたり、二人を比べた動画がニコニコ動画やYouTubeにあがっていた。 続きを読む

大分トリニータ溝畑社長 チームそのものが体の一部

選手が結果が出せなかったら、それは選手のせいではなくて、フロントのせいだと、そういうことははっきりしています。チームそのものが自分の体の一部になっているんです
大分トリニータ 溝畑社長の言葉 サッカー批評39 2008年7月10日発行

数日前ののどかな昼休みに、ナビスコカップの決勝がもうすぐなんだ、という話になった。
Jリーグに興味のない友人は「へえそうですか」という顔をしている。「いや、ナビスコの決勝戦は、ここ数年すごく面白いんだから」と僕は念を押すように伝える。 続きを読む

カズ ストライカーは25歳から サッカーの言葉メモ

ドリブルでボール扱いを磨けば、シュートは後からでも上達する。現に僕の役割がストライカーになったのは25歳のころだ。
サッカー人として 日本経済新聞のコラム 2008年10月10日

あれ? そうなんだっけ? 続きを読む

デビッドベッカム 両立が大変 サッカーの言葉メモ

何をしようと僕は変わらない。ただ、スポーツと広告塔になる活動を両立させるのは、結構タフだよ。家族サービスも欠かさず行うし、デビッドベッカムの生活って実は大変なんだ。
サッカーマガジン ベッカムインタビュー 2008年10月21日号

お茶の水のサッカーミュージアムにはじめて行ってきた。バーチャルスタジアムという20分ほどの映像で、2002年のワールドカップのハイライトが映し出された。 続きを読む

サッカーママ サッカーの言葉メモ

「景気のことを知るなら土曜日に子供たちのサッカーを見に行って、サイドラインで応援している親たちに聞けばいいのよ」
アメリカ副大統領候補の討論会で ペイリンが言った言葉

なにげなくテレビを見ていたら、共和党のペイリン副大統領候補が討論会で「サッカーママ」に触れた。 続きを読む

デコの幸福 サッカーの言葉メモ

「今はすごく幸せだね。たしかにチェルシーは中盤に優秀な選手がいる。でも一流の選手とプレーするのには慣れている。むしろ優秀な選手がたくさんいたほうが、チームに適応しやすいんだ。」
Number712号「スコラーリ&デコ」から 2008年10月

デコにチェルシーのユニフォームは似合わねえよ、とか言っていたあなた(僕です)。 続きを読む

「なんでそうしたんだ」となぜ聞くのか? サッカーの言葉メモ

「基本的にユースは育成の段階と考えますから、選手にはやりたいことをやらせて、どんどん挑戦させて彼らに間違えさせるんです」
オランダで育成年代を指導する林雅人氏のインタビュー サッカー批評 2008年10月号

この言葉には続きがある。 続きを読む

ギグス来日まであと3か月 サッカーの言葉メモ

「今ではこれが『最後の戦いだ』という気持ちですべての大会に臨んでいる。まあ、若返ることはないから、本当にこれが最後かもしれないしね。それが私のモーチベーションなんだ」
ライアンギグス ワールドサッカーグラフィックのインタビュー 2008年10月号

ワールドサッカーグラフィックという雑誌で、アラサーという特集が組まれていた。
アラサーとは、Around30だ。円熟味をましたプレイヤーという話。 続きを読む

日本のクラブユース 近づいているのか遠のいているのか?

「僕ら(柏レイソルユース)の攻撃のコンセプトには、ゴールするために確率の高いスペースを生み出したいということがまずあります」
柏レイソルユース 吉田監督の言葉 サッカークリニック 2008年10月号

夏から秋にかけて、U-18のクラブユースの大会が続いている。 続きを読む

マラドーナと俊輔のフリーキック

「私は多くの過ちを犯したが、サッカーボールは汚れない」
マラドーナの引退会見の有名な言葉

聞かれもしないのに正直に告白すると、僕はマラドーナをよく知らない。
僕が本格的にサッカーファンになったのは、ドーハの悲劇のころからだ。 続きを読む

1 2 3 4 5 6 7 21